輸入住宅メンテナンスのプロフェッショナル、ワールド・デザインズ・ハウスのblog

ワールドデザインズハウスは、輸入住宅のメンテナンスについてお客様から多数ご相談いただいていた当社社長が、「輸入住宅についてきちんと理解しているメンテナンスサービスがなくては!」と痛感し、みずから立ち上げた会社です。都内及び首都圏近郊を中心に輸入パーツの取替えから水周りや1棟全体のリフォームまで、お客様のお住まいを丁寧にメンテナンスしております。

千葉県千葉市のお客様です。  ※後日、工事着工の様子
ウッドデッキの材が腐食している様子でご相談いただきました。腐食がすすむと、乗るとぐらぐらしたり、床がぶかぶかするようになり、とても危険です。


木材でできたデッキは10年くらいで(環境により早いものは5年ほどの場合もあります。)作り直しになるようです。
写真は、腐食してしまったデッキの交換工事着工前のようす。
これを撤去し、新しいデッキはYKKのリウッドシリーズを使うことに。また、今回のお宅は、ウッドデッキの件でご相談いただいたのですが、併せて屋根の塗装もさせていただくことになりました。
0114_02_01_w500
0114_03_w500
0114_01_w450
0114_02_02_w500

0101
リニューアルに伴い、『屋根のメンテナンス』、『洗面・バス・トイレのメンテナンス』紹介ページを新たに追加しました。
また、輸入住宅のメンテナンスでよくお問い合わせのある、ドアノブや蛇口などの輸入パーツについても一部資料をご覧いただけます。
ぜひご覧下さい。

一階の天井にしみが出来て、先日ご相談を受けたお宅です。
実際に状態を拝見しました。ちょうどシミの場所が2階のお風呂の真下だということで、
「もしかして、いや、恐らくお風呂が原因じゃないか・・・」 ということで・・・
ある程度予測を立てた上で、お風呂場の床下と、一階の天井の両方をあけてみたところ、写真のような状態でした。最初の写真がお風呂の床下。下の二枚は一階の天井部分です。水がしみだし木材が腐ってきていますし、配線にも染み出した水がかかるととても危険です。
DSC_4498
DSC_4498_02
DSC_4498_03
天井のしみ、少しだからといって放っておかないで、気付いたらぜひお早めにご相談ください。
その方が、被害も大きくなる前に対処することができます。